治験ボランティアで謝礼金が貰えます。私の体験談も載せてますので治験って安全なの怖いとか危ないとか不安を抱かれている人の参考になったらと思います。何よりも治験でお金を貰えるならやっても良いんではないでしょうかね。

治験バイト【治験ボランティアで謝礼金】治験募集情報

↓登録無料!高額報酬の治験バイトは↓
itiran468.jpg

 

治験バイトの体験談

  1. 治験では健康診断でお金が貰える??
  2. 治験の注射は痛かった(;;)
  3. 治験入院中は携帯電話禁止
  4. フリーターだからこそ治験バイト
  5. 食事内容もしっかり明記!

治験では健康診断でお金が貰える??

治験と言うとどういうものを想像するでしょうか?
薬を飲むから危ない?高額な謝礼を貰える??採血を何度もしなければいけないから大変?

そうですね、いろいろな意見があるでしょうが、治験バイト体験談をネットなどで載せている人はこのような事を言っています。

治験と言うと怖いイメージがあるけれど、健康診断だけでお金が貰える美味しい仕事でもある。
そもそも、健康診断だけだったら薬を飲む必要もないし食事制限などもする必要が無い。じぶんのありのままを検査してもらって合格か不合格かを判断してもらえばいいのだから。

それで合格したら次の治験に参加できるし、その治験に参加すると自分の悪い箇所が重点的に見てもらえる。
確かに、治験に参加すると新薬などを飲まなければいけないし、採血などもしなければいけないけれど、それにみあった高額な謝礼がもらえることを考えたら、それくらいの事は我慢しないといけない。
通院だったら1回で1万円くらいだけれど、入院となると1日2万円もらえる。それに、薬だけでなくサプリメントの治験もあるから不安な人はそう言うのに参加すればいい。

このように、割り切って治験に参加している人も居るようですね。
しかし、お金をもらったとしても副作用が心配、そう言う人は治験の事をよく調べてリスクを踏まえたうえで参加することをお勧めしますよ。
▲このページのトップへ

治験の注射は痛かった(;;)

こんな治験バイト体験談を目にしました。

自分はサプリメントの治験モニターに参加したのだけれど、毎日食事内容を詳しく書き留めなければいけなくてそれがすごく面倒くさかった。

なるほど、モニター内容にはそう言うものも含まれているのですね。

新薬の効果を確かめるためには、少しのズルも許されません。
それがのちに大きな事故を起こしてしまうかもしれないからです。

モニターに参加しているうちは、専門医などが健康状態などをチェックしてくれていますから比較的安全ですが、もし市場にその薬が出回るようになった時に、ボランティアの人たちが食事内容をごまかしたり、禁止事項を破っていたりしたら安全性が揺らぎ大変なことになってしまいますよね。

それに、何年もかけて臨床試験を繰り返し、一生懸命開発をしてきた製薬会社の研究員や社員を裏切ることになるので、私だったら絶対にズルは出来ないと思います。
なにより、禁止事項を破ってしまうという事は、モニター自信が危険にさらされる可能性があるのです。

安心で安全にモニターを全うするために、もし治験モニターの内容に食事制限や食事の内容を事細かに報告するようにと書いてあったら、きちんと守るようにしてくださいね。

私の治験バイト体験談をお話します。

私は治験のバイトを旦那から聞いて知ったのですが、その頃はお金に困っていて少しでも良いからお金が欲しい状況でした。
初めはただ、健康診断を受けるだけで健康診断参加費がもらえる、という上手い話にのっかっただけですが、その際に書いた記入書類に明記されていた私の精神科の病歴で、なんと治験バイトのお話の電話が掛かってきたのです。

まさかその審査に合格するとは思っていなかったため、初めはラッキーくらいの気持ちで承諾しました。

それからいろいろな説明を受けて、病院へ通い検査をしてその後新薬モニターとして治験の有償ボランティアになったのです。

私の場合は筋肉注射による新薬モニターだったのですが、その注射がちょっと特殊なもので、すんごい痛いんです!刺されて注入する時も痛いのですが、その後もずっと痛くて…。なんでも中に入っている薬がドロッとしているので痛みがひどいのだとか。
それを打つ日はとても憂鬱になったのを覚えています。

しかし、私にはその薬がとても合い、モニター試験中に私の病気はみるみる良くなっていきました。

途中でドクターが変わると言うイレギュラーなこともありましたが、そのおかげで今の主治医に出会うことが出来て治験終了後も病気が悪くなることはありませんでした。
もちろん、副作用などの事も心配でしたが、私の場合全くと言っていいほど副作用は現れず、あの時治験に参加しておいて本当に良かったなぁと思ったのでした。
▲このページのトップへ

治験入院中は携帯電話禁止

入院の治験って、いったいどういうものなのでしょうか?
なんか入院するだけで多額の謝礼金がもらえる、なんていう話も聞きますし、それって美味しい話なの?って思っちゃいますよね。

そんな入院の治験バイト体験談を見てみると、入院中はすごく自由時間が多かった。なんて話がかかれていました。
え?そんなに暇なの?私はびっくりしました。
でもよく考えたらそうですよね。病院施設ですから携帯は持ち込んではいけませんし(決められた時間だけ使用できるそうです)、病院の外に出るのも時間が決まっているのだとか、それに激しい運動はしてはいけないし、食事は決まった時間に決まった尺で食べなければいけないのだとか、もちろんお残しはいけませんよ。

こういう体験談を聞いていると、なるほどそりゃ楽じゃないなぁ…。と思ってしまいますよね。

しかし中には、そういう時間が楽しかった、体調管理が出来て一石二鳥だった、ボードゲームなどが充実していたので楽しめた。知らない人との出会いがあってよかった。などと言う意見も。

感じ方はひとそれぞれですが、このように楽しんで治験が受けられたらとても幸せですね。

楽しめてお金が貰えるなんて、これはとても良いバイトのように感じられます。
▲このページのトップへ

フリーターだからこそ治験バイト

治験バイト体験談を見てみると、フリーターの人たちがよく治験バイトに参加しているような気がします。
それもそのはず、治験モニターは通院や入院などのために時間を必要とするからです。

特に大学生やフリーターなどは、時間に融通が利くため入院などの長期治験モニターに参加するようです。
私が治験バイトをしていた時も、仕事をしていない時だったので自由な時間がたくさんありました。
治験の病院に通う時も、平日の朝10時からと決まっていたので、朝ゆっくり出てバスに乗って通った記憶があります。
初めはよく分からなくて辛かった診療も、そのうち慣れてしまい看護師さんたちとお話などをするのも楽しくなって、治験終了の時とてもさみしくなった覚えがあります。

私の時の治験も有償ボランティアだったために、毎回1回通うごとに1万円の謝礼を受け取ることが出来ました。
私にとって、この治験で処方された新薬はとても身体に合ったので、病気が良くなるうえに謝礼を貰えるなんて素晴らしいことだと思いました。

でも、フリーターじゃないと治験バイトは出来ないの?と思われるかもしれませんが、ネットで治験バイトを検索してみると主に土日に治験バイトを募集しているサイトもありますので、もし副業としてお金を稼ぎたいと考えている方は、そういう所に申し込みをしてみるといいかもしれませんね。
▲このページのトップへ

食事内容もしっかり明記!

こんな治験バイト体験談を目にしました。

自分はサプリメントの治験モニターに参加したのだけれど、毎日食事内容を詳しく書き留めなければいけなくてそれがすごく面倒くさかった。

なるほど、モニター内容にはそう言うものも含まれているのですね。

新薬の効果を確かめるためには、少しのズルも許されません。
それがのちに大きな事故を起こしてしまうかもしれないからです。

モニターに参加しているうちは、専門医などが健康状態などをチェックしてくれていますから比較的安全ですが、もし市場にその薬が出回るようになった時に、ボランティアの人たちが食事内容をごまかしたり、禁止事項を破っていたりしたら安全性が揺らぎ大変なことになってしまいますよね。

それに、何年もかけて臨床試験を繰り返し、一生懸命開発をしてきた製薬会社の研究員や社員を裏切ることになるので、私だったら絶対にズルは出来ないと思います。
なにより、禁止事項を破ってしまうという事は、モニター自信が危険にさらされる可能性があるのです。

安心で安全にモニターを全うするために、もし治験モニターの内容に食事制限や食事の内容を事細かに報告するようにと書いてあったら、きちんと守るようにしてくださいね。

 
▲このページのトップへ
↓登録無料!高額報酬の治験バイトは↓
itiran468.jpg