治験ボランティアで謝礼金が貰えます。私の体験談も載せてますので治験って安全なの怖いとか危ないとか不安を抱かれている人の参考になったらと思います。何よりも治験でお金を貰えるならやっても良いんではないでしょうかね。

治験バイト【治験ボランティアで謝礼金】治験募集情報

↓登録無料!高額報酬の治験バイトは↓
itiran468.jpg

 

治験バイト 安全性

  1. 治験バイトの安全性について
  2. 治験は危なくないと知ってほしい
  3. 治験バイトって安全なの?
  4. 治験バイトは薬を飲むだけじゃない
  5. 有償ボランティアの治験バイト

治験バイトの安全性について

治験バイトを行うにあたって、やはり試験薬を服用するのは怖い、安全性はどうなのか?と考える方は多いと思います。
どんな副作用が起こるか分からないのに、それを自分の身体で実験するなんて怖くないの?とは言いますが、そもそも、副作用のない薬などありません。
良く市販の風邪薬などを飲む場合がありますが、薬を飲んだ後に眠くなったりしますよね。
あれも立派な副作用なのです。

そう考えると、治験だから副作用のある薬を飲まされる。と考えるのは違うということが分かりますね。
そもそも、治験で使用される試験薬は動物実験を何度も繰り返し安全であると調査されたうえでの薬となります。
その試験薬も、開発までに10年もかかる場合があるほどで、それから動物を使って効果を実験するのにまた数年かかります。
そのようにして長年安全性を確かめたうえでの投薬となりますので、治験が危険だと一概に決めつけてしまうのは早計なのです。
それに、治験を行っている時期は、専門家の医師の元で健康管理をしながらの治療となりますので、普通に市販の薬を利用するよりも安全だと言っても過言ではありません。

治験だから、新薬モニターだからと言うだけで安全性が低いと決めつけてしまうのは、今後世界で販売されるようになる新たな薬の開発を遅らせてしまうことになるのです。
▲ページトップへ戻る

治験は危なくないと知ってほしい

治験に参加する理由は様々だと思います。

新しい薬を世に出すための社会貢献をしたい、と言う人も居れば、治験バイトに興味があると言う人。お金に困っているから治験バイトでお金を稼ごう、と言う人も居ると思います。

しかし、世間では治験バイトはなんだか分からない薬を飲まされて、最悪副作用で身体を悪くするのでは?というイメージが定着しています。
確かに、試験薬は新しい薬であり、それによって副作用が起こる可能性もありますが、通常薬と言うものは何かしら副作用を伴うものです。

安全性を確かめるために人体実験をする、と言うイメージは間違いであり、きちんとした専門家が毎回健康診断を行いながら投薬するので、普通に生活をしているより健康的に安全に執り行われるのが現実です。

現に、私が治験モニターとして参加した時にも、毎回血液検査や心電図、身長体重、尿検査などが行われており、何ら不安を感じることはありませんでした。

このように、世間で言われているような人体実験をされるということは一切なく、逆に安心して自分に合った薬を探せるのが治験だと思います。
私も、その治験モニターで自分に合う薬を見つけることが出来、以前とは比べ物にならないほど病気が良くなりました。

皆さんに、治験は怖くないという事をもっと知ってほしいです。
▲ページトップへ戻る

治験バイトって安全なの?

私の経験から言います。
治験バイトの安全性ってどうなの?
ズバリ、基本的には安全安心です。

そもそも、治験の臨床実験を行う際の試験薬は、専門家が医療機関や研究施設で何年もかけて開発したものです。そして、長い間かけて開発したその新薬を、今度は動物を利用して動物実験を行い、安全を確かめたうえでの投与となります。

念には念を入れて安全を確かめたうえでの治験開始となりますので、それほど重大な副作用は起きないのです。
しかし、基本的には安心安全。基本的には。と言う所が気になるところですよね。
そう、絶対に安全性があるかと言うと、100%安全とは言い切れないところが治験なのです。

いったいどういう事か。
それは、決められたルールを守らなかった場合です。

薬を投与される治験の場合、その期間は治験の薬以外に飲んでも良い薬と飲んではいけない薬があることを説明されます。
たとえいつも使用していた市販の風邪薬でも、その都度治験に登録している病院などに問い合わせなければいけません。
面倒くさいかもしれませんが、それを行わないと安全に治験を終えることが出来ないのです。

私が治験の際利用していた薬は、治験が終わり販売された後に、治験で使用された薬のほかにある種類の薬と併用した時に死亡者が出てしまい問題になりました。
今考えると、私もそうなっていたかもしれません。

しかし、治験の間は徹底的な薬の管理と健康診断が行われていたので、そんな事は起こりえなかったのです。
逆にいうと、死ぬかもしれない薬でも治験の期間中は完全に安全だったという事です。

なので、基本的には治験は安全ですが、治験の指示を守らなければ重大な事故が起こり得るということもあり得るのです。
これをよく考えたうえで治験に参加するのが好ましいですね。必ず担当医師の指示を守るようにしてください。
 
▲ページトップへ戻る

治験バイトは薬を飲むだけじゃない

治験バイトと言うと、新薬を飲まされるというイメージかと思いますが本当はそれだけではありません。

試験の中には「注射」や「貼り薬」「ジェネリック医薬品」や「サプリメント」などを投与するモニターもあるのです。

治験バイトは安全性が低いからちょっと心配!と思われる方でも、貼り薬やサプリメントならば安心してモニター参加できると思います。

基本的にサプリメントなどが試験薬に出される場合のモニター募集は、健康的な男女となっています。
特に病気も無く健康であり、献血などを最近していない、BMIなどが異常値でなければ成人を迎えている条件で誰でも参加することが出来ます。

もちろん、サプリメントと言っても新薬ですので、絶対に安全かと言われるとそうではありませんが、それでもボランティアのとっかかりとしては断然ハードルが低いと思います。

しかもボランティアと言っても、治験は有償ボランティアです。
治験を行った際の協力費として、高額報酬を手に入れることも出来ます。
その金額としては、通院でしたら1回につき1万円、入院でしたら1日につき2万円の謝礼が出ます。
WEBなどから無料でモニターに募集することで、治験参加に出来るのです。

しかし、それには条件付きの健康診断に受かる必要があるので、誰でもすぐに参加できるわけでは無いことを頭に入れておかなければなりません。

もし、治験モニターに興味があるのでしたら、安全性の高いモニターを選んでみるのも良いかもしれませんね。
▲ページトップへ戻る

有償ボランティアの治験バイト

治験バイトはボランティアと呼ばれる場合があります。
治験ボランティア募集などと、モニター情報サイトに明記してあります。
ボランティアって事はお金が貰えないの?それに新薬を飲むなんて安全性はどうなっているの?

そうですよね。そこが一番気になってくるところだと思います。

治験は、有償ボランティアです。
交通費やかかった医療費などや精神的な負担を含めて「負担軽減費」として協力費が貰えます。
このように書くと、きっと危ない薬を飲むから高額なお金が貰えるんだ。と勘ぐる人が居るかもしれませんが、そもそもこの新薬にはしっかりとした専門家が何年もかけて安全を確かめるための動物実験などを行ったうえでのモニター募集となるので、決してそのような事は無いのです。

私が治験バイトをした際にも、通院のたびに報酬として1回につき1万円をもらっていました。
交通費や医療費もその中から払うわけですが、それでも数千円のプラスになっていました。

しかも、その治験バイトは毎回健康診断を行ってくれるので安心して受けることが出来ましたし、何より人とのつながりや社会貢献が出来ることの満足度はとても高いものでした。

ゲスな話ですが、お金が貰えて健康になれる治験バイトは、本当に割りが良いとまで思ってしまったのです。
なので、治験バイトは怖いと思っている人にこそ進んで挑戦してほしいバイトだと私は思います。

 
↓登録無料!高額報酬の治験バイトは↓
itiran468.jpg