治験ボランティアで謝礼金が貰えます。私の体験談も載せてますので治験って安全なの怖いとか危ないとか不安を抱かれている人の参考になったらと思います。何よりも治験でお金を貰えるならやっても良いんではないでしょうかね。

治験バイト【治験ボランティアで謝礼金】治験募集情報

↓登録無料!高額報酬の治験バイトは↓
itiran468.jpg

 

治験バイト

治験とは

治験とは。
良く治験のバイトを耳にすることがあります。
だいたい1回の通院で1万円。入院となると数万円もらえることがあります。
しかし、そもそも治験ってどういうものなのでしょう??

治験とは、厚生労働省が定めた基準によって行われる臨床試験の事です。
試験期間はその治験の内容によって違いますが、長い時には1年ほどの通院を必要とすることもあるそうです。

参加方法としては、治験のサイトに登録し、モニター募集一覧の中から自分に当てはまる治験依頼を探します。すると、健康状態のチェックのための健康診断をすることになります。
その健康診断のみでも謝礼を貰える場合がありますが、その試験は誰でも受かるわけではありません。
それに受かり、選ばれた人だけモニターになれるのです。

しかし、それからすぐに治験が行われるという場合だけでなく、二ヶ月先の治験開始などと言う場合もあるのですぐにお金が欲しいから治験に参加したいという時には注意が必要です。

また、治験を受けるにあたって、生活面でも食事やアルコール、運動などを制限される場合があります。
これに従わなければ正しい情報が得られないので、絶対に守らなければいけません。

これらの事をクリアしなければ、新薬モニターにはなれないという事です。

治験バイトの募集について

「治験バイト」という言葉を聞いてことがありますか?
中には知らない人もいるかもしれませんね。
治験バイトの意味ですが、まず「治験」というのは、新しい薬などを開発するためには、薬の候補物質などについて、動物でその効果や毒性を調べていきます。
またそれだけではなく、人での効果つまり有効性や副作用がないかなどを確認するひつようがあるのです。
しかし、リスクも少なからずあるため、だれでもこのバイトをするという人はなかなかいません。
しかし、そのバイト料が高賃金などで妥協し、治験のバイトをする人も多くいます。
また、募集ですが以外にも多くの治験からバイトを大々的に募集されています。
内容が内容だけに、ひそかに募集されているのかと思われがちですが、そうでもなく以外にも堂々と募集されています。
特にネットで募集記事が多くあります。

治験のバイトですが、探す方法はどうすればいいのでしょうか?

治験バイトでは、人気のある治験バイトがあるようです。
icon_rank_b1.png1位は「トクホ(特定保健用食品)無料モニター」です。
このトクホは、臨床試験が15年の実績があり、治験といっても危険な薬の治験ではなく、サプリメントのトクホの試験のみなので、薬の治験が不安な人でも安心して参加できるモニターです。
どうしても治験というと、病気や強い薬などのイメージが思われがちですね。
でも、エル・スマイルは、トクホ(特定保健用食品)やサプリ・化粧品などの薬以外の物を使った案件を専門に扱っているのです。
まず、薬を飲むことに抵抗がある人などの治験初心者の人にはお勧めの治験バイトになります。
ただ、この治験には参加条件というものがあります。
以下になります。
  • 満20歳以上
  • 健康であり、日本国籍を持っている健康男性健康女性であること
  • 東京都の23区内にある衣料機関などに通える人であること
  • 臨床試験の目的を理解できる人であること
  • 弊社から知りえた情報を外部に漏らさない、つまり守秘義務を守れる人であること
以上が条件となり、クリアしないとこの治験バイトはできません。
特に東京の23区に住んでいる人にお勧めになります。

icon_rank_b2.png2位は「JCVN」治験無料登録です。
ここは、協力費用や謝礼金がもらえる治験ボランティアになります。
病気がない健康男性・健康女性であること、治療までは必要ない予備軍にあたる人・治療が必要な人が参加可能になっています。
これは上記の「トクホ」とは募集内容がちがってきていますね。
ここは、無料会員登録をしておくと、最新の知見情報などがメールでお知らせしてくれます。
募集要項ですが、性別は健康男性と健康女性であること。
  • 糖尿病で悩んでいる人
  • 高血圧で悩んでいる人
  • 中性脂肪が高い人
  • 悪玉コレステロールが高い人
  • うつ病・不眠で悩んでいる人
  • 前立腺肥大で悩んでいる人
  • 子宮筋腫・内膜症で悩んでいる人
  • 頻尿・尿漏れで悩んでいる人
  • 花粉症で悩んでいる人
  • たばこ病で悩んでいる人
  • 骨粗しょう症で悩んでいる人(男女)
  • ドライアイで悩んでいる人
などがあります。
実施場所は、関東になります。
参加条件としては、20以上で関東在住のひと・会社員・OL・自営業・主婦・学生・定年後の人などが参加可能です。
  • 健康な人・予備軍の人・患者(つまり治療中)の人が参加できます。
また、ここではニキビの治験モニターも募集しています。
ニキビに悩んでいる人は、いいかもしれませんね。
性別は健康男性と健康女性。
モニターのメリットはどうなのか?
  • 今までのニキビの治療法ではなく、新しいニキビ治療が受けられる。
  • お肌の専門医での診察とアドバイスが受けられる
  • 定期的に自分のお肌の状態をチェックできる
  • 治験の参加から負担を軽減する目的で、治験両両費用つまり謝礼が受けられます。
実施場所としては、関東と福岡になります。
この治験は、次のような人にお勧めします。
  • いろいろな市販の薬を試したけれど効果がなかった
  • 新しい薬を試してみたい
  • 専門医師のちりょうが受けたいが、治療費が高くて受けられない
このような人は、お勧めします。
世間ではよく治験バイトという言葉を使いますが、本来は臨床試験ボランティアまたは医療ボランティアという言葉を使います。
icon_rank_b3.png3位は、「治験情報V-NET」です。
これは無料会員登録から始まります。
ここでは、安心である無添加で、無香料、製造チェックをしっかりしています。
また、参加者のメリットとしては、治験に参加することで、専門医による精密検査が受けれます。健診で現在の状態の把握できる・医療費の軽減ができる。
これらのメリットがあります。
中には実質無料になるものもあります。
ここでの治験者の条件は以下になります。
まず、疾患を持っている人です。
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 喘息
  • 尿の病気
です。
そして日本人の健康男性と健康女性・保険証を持っている人・医療機関まで通院可能な人です。
また、次の人もお待ちしています。
日本人の健康女性・健康男性・65才以上の人または閉経された女性の人です。
治験参加者のは会員登録が必要ですが、登録料や会員費は一切かからないので安心してください。
まず、ここでの治験参加までどのようにすればいいのかということですが、まずは無料会員登録をします。
電話か会員登録フォームから会員の登録をします。
登録の時にアンケートにお答えしていただきます。登録には費用は一切かかりませんので、ご安心ください。
次にメールマガジンがメールで送られてきます。この中には治験の紹介があります。ここで治験を探します。
治験を決めたら、申し込みます。
そして健康診断を受け、治験にのぞみます。
このような過程を受けます。

治験のバイトって安全なの?

良く知恵袋などでこんな質問があります。

治験のバイトと言うものに興味があって参加したいのですが、登録料などはいるのでしょうか?支払い方法などはどうなっているのでしょうか?
治験は安全なのでしょうか?

私の経験から言うと、私の登録していたモニター募集一覧が閲覧できるサイトでは登録料は無料でした。
その中から、私はメンタルの新薬モニターとして参加したわけですが、支払い方法は通院の際の手渡しでした。
私の場合、ひと月に一度通院をする形となっており、それが半年間ほど続きました。

そして、その治験の薬が安全か、と言うと、私の場合は結果的に安全ではありませんでした。
どういう事かと言うと、私の新薬として使っていた薬は試験中は安全でしたが、試験が終わり一般で販売されるようになってから死亡者が出ることとなったからです。
しかし、その治験期間中では医師も常駐していますし、治験監督などにもすぐに電話がつながるようになっているため、私個人では比較的安心して過ごすことが出来ました。

こういう風に言うと、治験は安全じゃないんだと思われてしまうかも知れませんが、毎月心電図や採血などの健康診断を定期的に行うため、私にとっては安全であったと思います。
治験を行う際のリスクなどもきちんと説明されるため、そういうことも含めての治験だと考えてください。

私が応募した治験サイト

私は治験のバイトをしたことがありますが、その際に応募したサイトを紹介します。
私がモニターとして登録したのは生活向上webと言う所です。
ここではさまざまな治験を扱っており、モニター募集一覧の中から自分にあった条件の治験を選ぶことが出来ます。
健康診断のみの治験もあり、その際には決まった日時に健康診断を受けるだけで謝礼を貰えます。
健康診断と言っても簡単なもので、採血や胸囲、体重などを図るだけのお手軽なものです。
健康診断をすることで、試験参加できる人材を探すことになるのです。

それ以外にも肥満やアトピー、糖尿病など様々な治験が行われています。
自分で選ぶ場合もありますが、登録サイトから電話が掛かってきたりファックスが届いたりすることもあります。

治験と言っても、その方法は様々で、上記のように一日数十分で終わることもあれば、通院、入院などの種類もあります。
試験期間もバラバラで、その人が一番ベストな試験を受けることが出来ます。

しかし、参加条件として健康状態も関係してくるので、すぐにお金が欲しい、治験だったらすぐに大金が手に入るだろうと考えても思い通りにならないかもしれませんね。
でも、自分のためであり、将来の患者のためにも治験は必要なものだと思います。
 

治験のバイトで苦労した話

私…実は治験のバイトをしたことがあります。
何の病気かは伏せたいと思いますが、メンタル系の新薬モニターをやっていました。
あの頃は一か月一万円の謝礼金に目がくらんでいたのです。ww

私の場合、その謝礼金の支払い方法は手渡しでした。
モニター募集一覧から気まぐれで応募した治験だったんのですが、健康診断をしたのちに試験参加が決まり、あれよあれよと言う間に新薬を投与されていた次第です。
あ、もちろんそのための説明はきちんと受けました。
いろいろな書類にサインをした覚えがあります。

そして、試験が始まると、私の場合は注射と投薬だったのですが、それ以外の薬を飲むのはダメだと言われました。条件次第で飲まないとダメな薬もありますよ。例えば頭痛の時などはそれを飲んでも良いのかどうか、治験監督へ確認電話をして、それから飲むと言うちょっとめんうどくさいものでした。

私が一番困ったのは、(私のケースですが)歯の治療の際に使ってはいけない麻酔薬があり、ちょうどその時に虫歯になってしまい虫歯を削る際に効き目の薄い麻酔を打たれたことです。
あの時は痛かったです。

しかし、悪いことばかりではありません。
私はこの治験によって、私の事を救うことになった薬と私の事をよく見てくれるドクターに合うことが出来ました。
自分のよこしまな気持ちから始めた治験ですが、何より自分の病気を良くしてくれた一歩だと私は思っています。
↓登録無料!高額報酬の治験バイトは↓
itiran468.jpg